認知症についての相談やお問い合わせ
ご質問、お問い合わせ、気になることなんでもご相談ください。

2011年2月アーカイブ

2011年2月25日 12:17 | | コメント(0)

熊本県では、平成18年度から「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を実施しています。
平成22年度からは,さらに地域医療における認知症医療の向上を目的に,専門医に対して従来実施していた研修を基礎編に位置づけ、熊本県独自のカリキュラムによる「ステップアップ編」を,新たな事業の一つとして実施致しました。

このたび,県よりステップアップ研修の修了した医師の名簿が公開されました。
http://www.pref.kumamoto.jp/uploaded/attachment/42889.pdf

↑このページのトップへ戻る

2011年2月23日 23:10 | | コメント(0)

全国認知症フォーラムin KUMAMOTOの開催が迫っております。
3月18日に行われますテーマ「認知症医療対策の現状と今後の展望」はお席にゆとりがございますので奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。
 また,翌日の19日土曜はセンター主催にて岩手医科大学内科学講座の高橋 智先生をお招きして御講演を頂く予定です。本日よりFAX・メールにて受講の受付を開始します。こちらはお席に限りがございますのでお早めにお申し込み下さいますようお願い致します。
博多熊本間40分(新幹線),大阪熊本間3時間弱(新幹線),阿蘇熊本空港より50分(バス) となります熊本へ,全国フォーラムと合わせ是非お越しください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 第二回熊本県認知症疾患医療センター講演会のお知らせ

 講師;岩手医科大学内科学講座 高橋 智先生先生
    熊本大学医学部附属病院 神経精神科 池田 学先生
 テーマ;「地域支援の在り方」
 日時;平成23年3月19日 9:30-12:30
 場所;熊本市本荘 熊本大学医学部附属病院 山崎記念館(2F)研修室
 受講料;無料

 申し込み方法; (担当 認知症疾患医療センター小松)
  施設名・名前・職種をご記入の上Fax・メールにて受付けます。

 FAX) 096-373-5186
 mail) kumamoto@kumamoto-ninchi.jp

 つきましては、万障お繰り合わせの上、ご参加いただきますようにご案内申し上げます。

 

kumamoto.JPG

↑このページのトップへ戻る

2011年2月14日 20:09 | | コメント(0)

IMG_0269.JPG
 本日,熊本大学医学部山崎記念館にて平成22年度第2回熊本県認知症疾患医療連携協議会が開催されました。認知症高齢者数は増加の一途にあり,もはや医療や福祉,介護や行政だけで認知症患者さんを支えることは困難な状況にあります。そのような中,認知症対策の一環として活動している熊本県認知症疾患医療センターの取り組みを報告し,認知症にかかわる様々な団体の方々にご参加頂き,意見交換を行いました。

↑このページのトップへ戻る

2011年2月 8日 15:06 | | コメント(0)

 熊本県では認知症対策を、医療・介護・地域支援の3つの柱を立て積極的に取組みを進めております。
 この度、『熊本モデル』認知症疾患医療センターをはじめとする本県の認知症対策の取組状況等を発表するとともに、全国で実践的な取組みを行っておられる方々をお招きし、3月17日から18日の2日間、フォーラムを開催します。
 「認知症の方を地域で支える」をテーマに、医療、介護分野のプロフェッショナルの方々とこれからの認知症対策について考えます。

1.平成23年3月17日開催分
 (1)テーマ・内容 介護・地域支援
 (2)日時 平成23年3月17日(木曜日)午前10時30分~午後4時45分
 (3)場所 くまもと県民交流館パレアホール(定員:300人)(熊本市手取本町8番9号)

2.平成23年3月18日開催分
 (1)テーマ・内容 医療
 (2)日時 平成23年3月18日(金曜日)午前10時30分~午後4時30分
 (3)場所 熊本県立劇場コンサートホール(定員:1,800人)(熊本市大江2丁目7番1号)

*2日間場所が異なりますのでお間違いのないようお願いします。
詳しくはこちらをご覧ください。
尚、3/12九州新幹線は全線開通致します。ますます便利になった熊本に皆様お誘い合わせのうえ是非お越しくだい。

↑このページのトップへ戻る

2011年2月 7日 23:57 | | コメント(0)

京都県出身の石川智久先生(医師)が今月から、そしてご挨拶が遅れましたが高知県出身の小松優子(作業療法士)は12月から認知症疾患医療センター・神経精神科で勤務しております。
基幹型センターとして最新の情報を発信していきたいと思いますので今後とも宜しくお願い致します。

↑このページのトップへ戻る

2011年2月 4日 23:57 |

第4回 熊本県医療・保健・福祉連携学会のご案内
開催日:2011年2月13日(日曜) 10:00~16:30
会 場: 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)
大会長: 福田 稠

分科会13:00~居宅支援連携部会には当認知症疾患医療センター小嶋も参加します。
当日はテーマである地域連携について皆様方と共に
活発な意見交換ができることを楽しみにしております。
奮ってご参加ください。

詳細はこちらまで
.


↑このページのトップへ戻る

2011年2月 4日 22:57 |

"若年性"という言葉は本来もう少し若い40歳未満の方をさすことが多いですが、
いま日本で若年性認知症というと60歳未満のすべての認知症の方を含む概念になっています。
そのような働き盛りの方が認知症になった時、どのように医療・介護・福祉・行政は支えあっていくことができるのでしょうか。
熊本県若年性認知症検討委員会のメンバーは、若年性認知症の方に対する取り組み状況を
2月1・2日の2日間,奈良県・滋賀県で視察してきました。
詳しくは後日ご報告したいと思いますが,滋賀県では,この日のために利用者さんがおいしい手打ちうどんを作って下さいました。ありがとうございました。
IMG_0223.JPG
また、精力的に活動をなされていた奈良県のグループホームの皆さま,後日メールで『若年認知症の家族の揺れ動く感情をどのように会として、支え合えるか考えて行きたいと思っております』とお返事を下さった家族会の皆さまほか、ありがとうございました。
fclinic.JPG

↑このページのトップへ戻る

« 2010年7月 | ニューストップページへ | 2011年3月 »

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。