認知症についての相談やお問い合わせ
ご質問、お問い合わせ、気になることなんでもご相談ください。

2012年12月アーカイブ

2012年12月25日 17:25 | | コメント(0)

認知症医療にかかわる専門職のための公開講座開催について


熊本県認知症疾患医療センターでは、認知症の専門医療の提供と地域連携を推進していくために、事例検討会をはじめ様々な研修会を企画してきました。そこで今回は「認知症の地域連携のあり方」をテーマに上記公開講座を予定しております。
参加希望の受付を1月中旬にFAXにて開始しますので、後日当ホームページをご確認ください。

↑このページのトップへ戻る

2012年12月18日 14:45 | | コメント(0)

 熊本県認知症疾患医療センターでは、県の支援を受けるとともに、厚生労働科学研究の一環として、よりよい認知症医療・介護及び関係機関の更なる連携強化を図るため、11月半ばより試行的に「火の国あんしん受診手帳」の運用を開始しました。
画像 001.jpg

 この手帳は、診断を受けてから、在宅生活を続けられる間、長期間利用いただくことにより、認知腸疾患医療センターなどの専門医とかかりつけ医や介護職員が、過去の物忘れに関する受診状況や現在の状態について確認し、ご本人やご家族への今後の支援を円滑に行う手段として考案しました。手帳は、A5サイズの加減式になっており、検査データやお薬情報などを記入いただくことで、これまでの診療経緯が関係者感で共有でき、患者に応じた治療やケアにつながることが期待されます。

 今後、この手帳をお持ちになることもありますので、その際はご協力をお願い致します。

↑このページのトップへ戻る

2012年12月18日 14:37 | | コメント(0)

平成24年度熊本県認知症医療・地域連携専門研修


日 時: 平成24年11月18日(日)   13時~18時
(受付12時30分~)

場 所: 熊本大学病院 山崎記念館 1階研修ホール

  
(次第)
 1 開会

 2 研修内容
  行政説明(熊本県における認知症対策について)
熊本県健康福祉部 長寿社会局 課長補佐 松尾 伸吾
    
 熊本県認知症疾患医療センターの取り組みについて
熊本大学病院 連携担当者 小嶋 誠志郎

 火の国あんしん受診手帳について
熊本大学病院 医師 池田 学
熊本大学病院 連携担当者 丸山 貴志

     意見交換会
-認知症疾患医療センター医と専門医療機関の連携について-

認知症の治療 ‐抗認知症薬の使用経験の報告‐
平成病院 医師 坂本 眞一
     
認知症の画像所見について
熊本大学病院 医師 橋本 衛

 3 閉会


IMG_0320.JPG

↑このページのトップへ戻る

2012年12月18日 13:14 | | コメント(0)

 年2回開かれる連携協議会が開かれました。連携協議会とは、認知症に関する医療と介護の連携体制強化を目的に、各種団体の代表者と意見交換をする外部評価機構です。

 

  

平成24年度 第2回熊本県認知症疾患医療連携協議会次第

 

 

日時:平成24年11月12日(月)

 

午後3時~午後4時30分

 

場所:県庁新館2階 201会議室

 

 

1 開  会

 

 

2 あいさつ

 

 

3 議  事

 

(1) 会長、副会長選出

 

 

(2) 熊本県認知症疾患医療センターからの今年度の活動状況報告

認知症疾患医療センターの活動状況報告について

もの忘れ受診手帳について

 

 

(3) 熊本県保健医療計画(認知症対策部分)について

 

 

(4) その他 意見交換

 

 

4 閉  会

 

 

 

 

 

第2回熊本県認知症疾患医療連携協議会議事要録から抜粋 

 

出席者  由井委員、荒木委員、池田委員、石本委員、今田委員、加來委員、川原委員

 

高橋委員(代理宮本理事)、羽山委員、堀田委員、松永委員、山田委員

 

欠席者  鴻江委員、米満委員

 

陪席者  熊本県(永井局長、大村課長、岡崎審議員、松尾課長補佐)

 

     熊本県基幹型認知症疾患医療センター 小嶋連携担当者

 

熊大病院(中冨チームリーダー)ほか

 

 

議題等

 

(1)会長、副会長の選出

 

  池田委員から会長に由井委員、副会長に高橋委員の推薦があり、満場一致で承認された。

 

 

(2)熊本県認知症疾患医療センターからの今年度の活動状況報告

 

 ①認知症疾患医療センターの活動状況報告について

 

基幹型認知症疾患医療センター連携担当者の丸山氏から、熊本県認知症疾患医療センターの設置状況や活動内容に関する説明があり、基幹型から地域拠点型への専門医の派遣について、今年度は8ヶ所の地域拠点型センターにおいて、週1回の認知症専門外来を展開しており、うち2カ所は常勤派遣を行っているとの報告があった。

 

次にセンターへの相談件数、外来件数、診療に至った経緯やその後の状況に関してデータを示した説明があった。

 

 ②火の国あんしん受診手帳について

 

「火の国あんしん受診手帳」の導入に関して、目的や今後のスケジュール、受診手帳の配付に併せて行うアンケートの実施手順について説明があった。

 

  宮本委員からのアンケート内容に関する質問を受け、事務局及び池田委員から、現在は試作段階であり、利用者本人やご家族、関係医療機関、介護施設等から実際に利用した際の感想や意見等を収集し、改善点などの検証を行う旨の説明があった。

 

 また、来年度以降の実施については、アンケートの集計結果や各方面からの意見を踏まえつつ、県とも相談の上、方針を決めていくことになるとのことであった。

 

 


 

↑このページのトップへ戻る

2012年12月18日 12:57 | | コメント(0)

 熊本県医師会主催の認知症対応力向上研修基礎編を受講した地域のかかりつけ医に対して、さらにステップアップするために、認知症疾患医療センターと県との共催によってステップアップ研修を年2回行っています。   

 

 認知症対応力向上研修ステップアップ編①


日 時: 平成24年11月5日(月) 開会:19時

場 所: 熊本大学病院 教育図書棟 第一講義室(3階)

(次第)

1 開会


2 ステップアップ編①

『認知症の診断』
 熊本大学医学部附属病院 講師 橋本 衛先生
 

3 閉会

  

IMG_0303.JPG

 

認知症対応力向上研修ステップアップ編②

 

日 時: 平成24123日(月) 開会:19:00 

場 所: 熊本大学病院 教育図書棟 第一講義室(3階)

 

(次第)

 

1 開会

 

 

2 ステップアップ編②

 

『認知症とケア』

熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野 助教 石川 智久先生

 

 

3 閉会

 

 
 

 

↑このページのトップへ戻る

2012年12月18日 12:08 | | コメント(0)

熊本県認知症疾患医療センター
第1回認知症専門スタッフ養成講座


日 時: 平成24年10月20日(土) 開会:10時半
場 所: 熊本大学病院 総合研究棟 講習室(3階)

(次第)
1 開会

2 認知症基礎講座  
『認知症総論』
熊本大学医学部附属病院 講師 橋本 衛先生
 
3 シンポジウム  テーマ『認知症食行動異常の評価と対応』
 1)認知症疾患別 食行動異常の特徴について
   熊本大学神経精神医学分野 教授 池田 学先生

 2)認知症の摂食・嚥下障害
   東京都健康長寿医療センター研究所 専門副部長 平野 浩彦先生

 3)認知症食行動へのアプローチ    
   姫路聖マリア病院 地域連携室 室長 得居 みのり先生

4 事例検討会
1)「異食の認められた認知症性疾患2例」
 熊本大学医学部附属病院  医師 遊亀 誠二 

2)「摂食・嚥下障害の一例」
   益城病院 認知症認定看護師 澤村 京美

5 閉会

の.JPG

 この研修会は、認知症の専門スタッフを養成することを目的に今年から開催された講座です。

 定員200名に対してHPで告知後、わずか2週間あまりで定員に達しました。当日は一日の長丁場でありましたが、充実した内容でアンケートでも受講者には大変満足していただけたことを嬉しく思っています。講師の先生、受講者の皆様ありがとうございました。 専門スッタフ養成講座 アンケート結果.xlsxです。

 橋本先生.JPG

              午前中に行われた橋本先生の認知症総論です。

シンポジウム.JPG

             シンポジウム質疑応答の様子です。        

↑このページのトップへ戻る

« 2012年9月 | ニューストップページへ | 2013年1月 »

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。