認知症についての相談やお問い合わせ
ご質問、お問い合わせ、気になることなんでもご相談ください。

2014年8月アーカイブ

2014年8月 4日 10:22 | | コメント(0)

 熊本県認知症疾患医療センター第33回事例検討会を、平成病院関連施設である特別養護老人ホーム八代草にて実施しました。今回は事前に平成病院と八代草の見学会もあり、知見を広げる機会となりました。

熊本県認知症疾患医療センター第33回事例検討会
日時:平成26年8月2日(土)  開会:15:00~
場所:地域密着型特別養護老人ホーム八代草(平成病院関連施設)

(次第)
1.開会
2.報告
 「認知症支援診療所(モデル事業)の取り組み」と制度化に当たっての検討
                            担当:平成病院 医師 坂本 眞一
3.事例検討会
 「独居生活していた鏡現象のある若年性アルツハイマー病認知症の一例」
                            担当:くまもと青明病院 医師 兼田 桂一郎
 「独居生活の継続が困難となった若年性アルツハイマー型認知症の事例」
                            担当:くまもと心療病院 医師 戸谷 修二
4.評価尺度研修
 「RBMTについて」                担当:熊本大学病院 心理士 伊地知 大亮
5.認知症研修
 「アルツハイマー病と脳血管障害」       担当:熊本大学病院 医師 橋本 衛
6.閉会

DSC_0307.JPG

★八代草のエントランス







DSC_0308.JPGのサムネール画像






★ちなみに八代草は、このようなお花です










DSC_0315.JPGのサムネール画像



★水俣の診療所のモデル事業について
 報告がありました。







DSC_0320.JPGのサムネール画像
★今回は、2例とも独居生活の若年性認知症の
 事例でした。
DSC_0337.JPG











DSC_0347.JPG
★RBMTの展望記憶は、参加者の皆様全員、
 タイマー鳴ったら手を挙げて体験していただき
 ました。









DSC_0352.JPGのサムネール画像

★アルツハイマー病と脳血管障害についてでは、
 質疑応答が活発に行われました。









★参加の皆様、お疲れ様でした。
 次回、第34回事例検討会は、
平成26年10月18日(土) まもと心療病院
                                              にて実施予定です★

↑このページのトップへ戻る

« 2014年6月 | ニューストップページへ | 2014年10月 »

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。