認知症についての相談やお問い合わせ
ご質問、お問い合わせ、気になることなんでもご相談ください。

2014年12月アーカイブ

2014年12月16日 09:17 | | コメント(0)

熊本県認知症疾患センター第35回事例検討会を行いました。年末で多忙な時期でしたが、100名を超える出席でした。恒例の懇親会も多くの方々の参加がありました。


熊本県認知症疾患センター第35回事例検討会
日時:平成26年12月13日(土) 15:00~
場所:熊本大学医学部附属病院 山崎記念館 1階研修ホール

(次第)
1.開会
2.事例検討会
 「対人トラブルが多く認知症が疑われた一症例」 
                           担当: 山鹿回生病院 臨床心理士 廣川 望
 「認知症の死亡退院患者調査から見えてきた実態について」
                           担当: 阿蘇やまなみ病院 精神保健福祉士 的場 稀耶
 「食思不振で入院となった認知症の一例」
                           担当: 益城病院 医師 渡邊 鮎子

3.認知症研修

 「レビー小体型認知症の臨床」  担当: 熊本大学病院 医師 橋本 衛

4.評価尺度研修

 「Clock-Drawing Testについて」 担当: 熊本大学病院 医師 田中 響

5.情報提供

 「認知症を原因とした、いわゆる『ごみ屋敷』の対応について」

                      熊本県認知症対策・地域ケア推進課 主事 尾崎 博文

6.閉会

対人トラブル.JPG


★認知症以外の疾患の可能性をも踏まえて、対応に

 苦慮しているケースを報告していただきました。






認知症の死亡.JPG


★認知症だけではなく身体管理目的の入院も多く、

 阿蘇の地域特性がデータから垣間見える内容で、

 質疑応答も活発でした





食思不振.JPG


★食欲不振患者を経験する先生方から、口腔内の状態

 や食形態、嚥下機能など様々な側面からアドバイス

 や意見が出されました





レビー小体.JPG


★レビー小体型認知症の臨床を、薬物治療を中心に

 講義していただきました






尺度研修.JPG


★CDTの利点や疾患別の傾向についてわかりやすく

 講義していただきました






県から.JPG


★現在、ごみ屋敷の撤去に強制力はありませんが、

 地域ケア会議の開催など、当事者が孤立しない支援

 を踏まえた多職種連携などを検討しています





★・・・事例検討会後の、懇親会(忘年会)はみなさま楽しんでいただけたでしょうか・・・


ご挨拶.JPGご歓談1.JPG







ご歓談2.JPGご歓談3.JPG







ご歓談4.JPGご歓談5.JPG







ご歓談6.JPG









DSC_6400.JPGのサムネール画像



★今年の「じゃんけんの鉄人役」は山田局長でした。

 快く役を引き受けていただき、ありがとうございました




次回の第36回事例検討会は

平成27年2月14日(土) 熊本大学病院

にて行う予定です。

みなさま、よいお年をお迎えください。



↑このページのトップへ戻る

« 2014年11月 | ニューストップページへ | 2015年1月 »

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。