認知症についての相談やお問い合わせ
ご質問、お問い合わせ、気になることなんでもご相談ください。

2019年7月17日 09:08 | | コメント(0)

令和元年7月10日にて認知症介護基礎研修会を開催いたしました。

この研修会は、熊本県認知症対策・地域ケア推進課、基幹型認知症疾患医療センターで協議し、市区町村の高齢者担当課、地域包括支援センター等の行政職員を対象に認知症医療の充実及び医療と介護の連携強化、体制へ発展・充実させていく為、医療・介護・福祉のそれぞれの専門職の立場を理解してもらい、連携推進の要としてご活躍いただきたいと考えております。


今回は、「若年性認知症」というテーマにして、若年性認知症ならではの問題に対して、医学面、ケアや対応の難しさ、社会資源の希薄さについて、それぞれの立場でのご講演をしていただきました。


足元の悪い中、多数のご出席ありがとうございました。
会場も満席で大変うれしく思います。
今後も更なる認知症支援の体制の充実に発展にご協力出来たらと思いますので、何卒認知症疾患医療センターをよろしくお願い申し上げます。


(次第)

テーマ「若年性認知症」

   

   1 開会

 

  2 研修内容

 

「熊本県における若年性認知症施策について」

担当:熊本県認知症対策・地域ケア推進課 早野 仁基 

  

「若年性認知症の理解」

担当:熊本大学病院 神経精神科 医師 福原 竜治 

 

「若年性認知症における通所での受入れの実際」

担当: ケアサポートメロン 作業療法士 元田 真一 

 

  「若年性認知症の社会資源~就労支援を中心に~」

 担当:認知症の人と家族の会 太田 千里 

 

  3 質疑

 

  4 閉会




介護基礎研修会①.JPG介護基礎研修会②.JPG














介護基礎研修会③.JPG介護基礎研修会④.JPG











※会場も満席で、質疑応答も活発でした。
今後も同様の研修会を企画したいと思いますので、是非ともご参加ください。

↑このページのトップへ戻る

ニューストップページへ

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。