認知症についての相談やお問い合わせ
ご質問、お問い合わせ、気になることなんでもご相談ください。

2020年2月 5日 10:24 | | コメント(0)

 令和2年2月1日(土)に第64回熊本県認知症疾患医療センター事例検討会を開催いたしました。竹林実センター長の開会の挨拶にはじまり、昨年11月に熊本大学神経精神科の准教授として着任された朴 秀賢 (ぼく しゅうけん) 先生にご挨拶いただきました。
事例検討では地域で活躍されてるコメディカルの皆様に、認知症基礎講座では熊本大学病院の本田和揮先生にご発表・ご講演いただきました。ともに活発な意見交換が行われ、盛り上がりをみせました。
 今年度も事例検討会が予定通り開催され、皆様のご協力、ご支援に感謝いたしております。令和2年度も、熊本県認知症疾患医療センターを何卒よろしくお願い申し上げます。


次第
1.開会
2.事例検討会
「外来アルツハイマー型認知症(AD)患者への継続的な栄養食事指導の有用性」
              担当:菊池病院 管理栄養士 加來 正之
「公安提出診断書をきっかけに受診になった2事例」
              担当:荒尾こころの郷病院 精神保健福祉士 井上 靖子
「キーパーソンだった夫の死去後、家族関係の不安定さが見えてきたケース」
              担当:山鹿回生病院 精神保健福祉士 古賀 義朗

3.認知症基礎講座
「DLB 新しくなった臨床診断基準」
              担当:熊本大学病院 医師 本田 和揮
4.閉会


竹林教授.JPG朴准教授.JPG菊池加來さん.JPG荒尾井上さん.JPG山鹿古賀さん.JPG

本田先生.JPG質疑1.JPG
質疑2.JPG質疑3.JPG質疑4.JPG質疑5.JPG質疑6.JPG質疑7.JPG質疑8.JPG質疑9.JPG質疑10.JPG質疑11.JPG質疑12.JPG質疑13.JPG


↑このページのトップへ戻る

ニューストップページへ

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。