認知症について
一般的に認知症とひとまとめにされて呼ばれていますが、その認知症にも、様々な種類があります。

2010年2月25日 22:44 |

3番目に多い認知症で全ての認知症の10〜15%を占めます。本来存在しないものが見える幻視、調子の波が大きいこと、手足の震えや歩行障害などのパーキンソン症状を特徴とします。その他、立ちくらみや便秘などの自律神経障害、失神、うつ病を伴うこともあります。このような多彩な症状が認められるため、治療やケアにとても注意が必要な病気です。
今後さらに詳しい内容を追加していく予定です。
もうしばらくお待ちください。

↑このページのトップへ戻る

認知症についてトップページへ

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。