スタッフの日々のブログ
熊本認知症疾患医療センタースタッフが日々の出来事をつづります。

2011年10月アーカイブ

2011年10月27日 17:03 | | コメント(0) | トラックバック(0)

一美さんと周るSD患者さんの訪問です。

養蜂園をご自宅でなされており蜂蜜の梱包作業の混乱 を減らすべく(今はご家族が一つ一つ確認をされているので問題ないそうです)現場を見学に行きました。

蜂蜜の種類は違えど色は似ている、ラベルは同じ・・・・ん~難しい。

一連の作業はばっちりの職人さん。作業環境を「わかりやすく」と思って行った介入が逆に混乱を招き、それまで出来ていた作業ができなくなることを多々経験するので、あれこれと、今の状況と併せ、ご家族の意見を伺いながら方法をいくつか提案させて頂きました。

 いただいたサフランティに注ぐ蜂蜜のおいしいこと!!ハチさんへの愛情をとても感じました。甘くおいしかったです。

(*写真の許可は頂いております。)

 

 

IMG_0133.JPGIMG_0132.JPG

 

↑このページのトップへ戻る

2011年10月24日 19:35 | | コメント(0) | トラックバック(0)

高次脳機能障害研修会

 

当事者・ご家族から直接話を聞く機会を得て、仕事に対する責任感を改めて強くした次第です。(松下)

 

講演; 高次脳機能障害者の理解と生活支援について  橋本 衛

    当院における高次脳機能障害に対しる心理士の関わり  松下 正輝

    高次脳機能障害支援センターの役割と現状  田中 希

 

赤牛、だご汁、高菜飯がおいしかったです。(一美)

 

 

 

↑このページのトップへ戻る

2011年10月 7日 13:45 | | コメント(0) | トラックバック(0)

10/1 HMC   変性疾患(AD)における計算障害について症例報告し、たくさんの先生方からご助言を頂きました。次に、患者さんにお会いし、脳の仕組みを考えるのが楽しみです!!(こまつ)

10/2 AD研究会  橋本先生によるFTLDの症候学・ケアについての講演でした。熊大スタッフは並んで前の席で聴講しました。

↑このページのトップへ戻る

« 2011年9月 | スタッフだよりトップページへ | 2011年11月 »

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。