スタッフの日々のブログ
熊本認知症疾患医療センタースタッフが日々の出来事をつづります。

2012年6月13日 18:18 | | コメント(0) | トラックバック(0)

 今年度のセンターの目標として、地域で去年より開催されている事例検討会をより質の高いものにするために、まずは、連携担当者である基幹型の4名が順に地域の事例検討会に参加し、現状を把握につとめています。

 6/2(土)荒尾こころの郷病院、板橋、小松ペアで伺いました。事例検討会は、多職種が集い、活発な意見交換がなされていました。事例検討ではシートがA4一枚配られ、「提出の意図」「検討したいポイント」の欄がありました。具体的で分かりやすかったです。

6/12(火)吉田病院主催の事例検討会に丸山、小松ペアで伺いました。写真のように、グループワークで事例についての問題点や解決策を話し合い、意見がたくさん出されました。地域の保健師さんや包括のケアマネさんが多く参加をされていました。 吉田病院事例検討会.JPG

↑このページのトップへ戻る

2012年3月26日 17:43 | | コメント(0) | トラックバック(0)

 今年度も関係機関からの視察により、意見交換する機会がたくさんあり大変勉強になりました。来年度も県内はもとより、全国に認知症に関する取り組み状況をお伝えしていきたいと思います。視察に来てくださった方々ありがとうございました。

 

H23.5  山形県議会議員

H23.5   鶴岡市議会議員

H23.6   滋賀県大津市役所

H23.6   兵庫県西播磨リハビリテーション病院

H23.8   香川県健康福祉部

H23.8   佐賀大学医学部附属病院

H23.9  三重県議会議員

H23.9  長崎大学医学部附属病院

H23.10  広島県健康福祉局

H23.10  京都府健康福祉部

H23.11  岡山市議会議員

H23.12  千葉大学医学部付属病院

H23.12 京都府立大学病院

H23.12  大悟病院・協和病院(宮崎県)

H24.1  京都府議会議員

H24.2  愛媛県議会議員

H24.3  北里大学病院

H24.3  さいたま市議会議員

↑このページのトップへ戻る

2012年2月29日 10:50 | | コメント(0) | トラックバック(0)

 

 地域拠点型疾患医療センターへの視察も少しずつですが連携担当者で回らせて頂いています。

 

先日は、くまもと青明病院で地域拠点型事例検討会が開催されました。(H24.3.10)

事例は、青明病院の中山さん、みつぐまち診療所の津野田先生、認知症レクチャーは当院から田中先生が行っています。

 

 

IMG_0218.JPG

IMG_0221.JPG

 

 

 

↑このページのトップへ戻る

2012年1月17日 14:46 | | コメント(0) | トラックバック(0)

  DVC00244.JPG 認知症フォーラム会場では、東京の全国老人福祉施設会の〇〇さんたち、宮崎県の疾患医療センターの〇〇さんたち、大学病院担当の医療情報担当者(MR)さんたち、外来通院中のご本人・ご家族・・・・・・たくさんの方たちにお会いしましたが、皆様いかがだったでしょうか??

 認知症をはじめとする社会問題の根っこの部分は、人とのつながりの希薄化ではないだろうかと提言され、想像・関心・共感をキーワードに共生社会を目指そう、と優しく・力強く訴えるNHK記者、町永さんからのメッセージは会場みんなの心に響いた素敵な講演だったと思います。東日本大震災の復興を誓う少年のように、私たちも、安心して暮らせる街作りのために一歩ずつを着実に共に歩んでいきたいと思います。

写真は、2日目 (医療)のシンポジストメンバーです。ありがとうございました。

DVC00295.JPG 

↑このページのトップへ戻る

2011年12月21日 17:52 | | コメント(0) | トラックバック(0)

地域のかかりつけ医を対象に認知症診療技術向上を目的に当院石川医師によるステップアップ研修が開催されました。
平日の遅い時間帯にもかかわらず、遠くから沢山の先生方にお集まりいただきました。

↑このページのトップへ戻る

2011年11月15日 10:01 | | コメント(0) | トラックバック(0)

最近、奥様の病気に対して心にゆとりのもてはじめたご主人から(ご本人もおっしゃっています)、家族会について知りたい、と相談がありました。

家族の会、事務局の冨岡大高氏に教えてもらいました。

認知症介護の悩みなどを話あう「つどい」が定期的に開催されています。

活動状況はHPをご覧ください。

http://www.fuku-juryo.jp/tiiki/ninti/ninti.html

「つどい」の日程とコールセンター紹介

http://www.fuku-juryo.jp/tiiki/ninti/sukejule/sukejule.html

我々センター職員は何度か冨岡さんのお話を聞く機会に恵まれています。みなさんも機会があればぜひ、お聞きになってください。心強いですよ。

↑このページのトップへ戻る

2011年10月27日 17:03 | | コメント(0) | トラックバック(0)

一美さんと周るSD患者さんの訪問です。

養蜂園をご自宅でなされており蜂蜜の梱包作業の混乱 を減らすべく(今はご家族が一つ一つ確認をされているので問題ないそうです)現場を見学に行きました。

蜂蜜の種類は違えど色は似ている、ラベルは同じ・・・・ん~難しい。

一連の作業はばっちりの職人さん。作業環境を「わかりやすく」と思って行った介入が逆に混乱を招き、それまで出来ていた作業ができなくなることを多々経験するので、あれこれと、今の状況と併せ、ご家族の意見を伺いながら方法をいくつか提案させて頂きました。

 いただいたサフランティに注ぐ蜂蜜のおいしいこと!!ハチさんへの愛情をとても感じました。甘くおいしかったです。

(*写真の許可は頂いております。)

 

 

IMG_0133.JPGIMG_0132.JPG

 

↑このページのトップへ戻る

<<前の7件  12345678910  

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。